乾燥肌にならないための対策

ニキビ予防のための乾燥肌対策をお考えの方は、ぜひ乾燥肌には2つの種類があるということを知っておくと便利でしょう。1つは、季節的な乾燥です。そしてもう一つは、慢性的な乾燥です。お手入れの仕方が変わっていないのにお肌が乾燥しがちの方は、どちらかの原因を探って適切に対処していきましょう。

もし、季節が原因での乾燥の場合、冬の寒さで体が冷えてしまい血行が悪くなることや、気候の変化でそれまでの生活リズムが変化し、皮脂が減ってしまうことが原因と考えられます。また、顔の場合は常に衣服で覆われているわけではないので、外界の変化にも敏感に反応して、状態を悪くしてしまう可能性も高いため特にデリケートといえるでしょう。こうした季節的な原因の場合でもそれを放置しておくと慢性的な疾患にもなりかねません。また、慢性的な乾燥肌の場合には、適切にお肌のケアができていないことや生活習慣の乱れ、ストレスなどさまざまな原因が考えられます。

いずれにしても、ニキビ肌を防ぐスキンケアをする必要があります。洗顔をしっかりと行いお肌の状態を清潔に保つこと。洗顔後に、肌への水分浸透力を高めるスキンケア化粧品や、保湿が期待できる化粧水、クリーム、乳液などをしっかりと使いましょう。ビタミンCや、ヒアルロン酸等、水分を保つ働きが期待できる成分の含まれたものがおすすめです。