ニキビとは

ニキビは10代の悩みとして有名です。思春期になると男性ホルモンの分泌が活発になり、そのために皮脂の分泌が盛んになります。各層も厚くなり毛包が詰まりやすくもなります。ですから、思春期である10代の頃にニキビに悩まされた方は少なくないのではないでしょうか。多くの場合、思春期を過ぎると、そのような症状がなくなっていくので、成人するにつれて良くなってくるものですが、まれに大人になっても皮膚の状態が改善されずにニキビを引きづってしまうこともあります。

そこで、できる限りニキビの予防やしっかりとしたケアを行うことが大切です。ニキビの症状も軽いものから重いものまでさまざまで、当然のことながら重くなってしまうと見た目にも美しい肌とは言えなくなってしまいますし、完治もなかなか実現しません。最初の症状は微妙に肌の色がほかの個所と変わってくることです。毛穴の中に皮脂が詰まっている状態で、目に見える湿疹はありませんが、ニキビがまさにできようとしている状態といえます。その後、皮脂が詰まって塊となる白ニキビといわれる症状となり、もっとひどくなると皮脂がのぞいて黒く見えるために黒ニキビといわれる状態になるのです。さらに悪化すると、炎症が生じ、痛みを感じるようになりその状態を放っておくとウミが貯まり始めます。さらに進行すると肌全体が赤くただれたような状態になり、内服薬を含む大掛かりな治療や、根本的な原因を明らかにしないと対処できないこともあります。そうした事態を避けるためにまず大切なのが肌の保湿です。大切な理由とその方法を解説します。