ニキビ予防には保湿が重要

思春期のニキビは時期的な体の仕組みによって生じるものですので、成長するにつれてなくなっていくものですが、大人になってからのニキビは適切なケアをしてあげる必要が特にあるといえるでしょう。多くの場合、ニキビの原因となるのは、皮脂が増えることによる油っぽいお肌の状態と思われがちですが、大人になってからのニキビの原因には乾燥肌が関係していることがあるのです。そこで、大切なケアの一つとなってくるのが肌の保湿です。

なぜ乾燥によってニキビが発生するのかというと、肌表面の保護をするために皮脂の分泌量が増えることによって毛穴詰まりを起こしてしまうからです。ですから、乾燥肌であればあるほど、皮脂の分泌量が増えてニキビのできやすいお肌の状態へと陥ってしまうのです。そのため、基本的なケアとしてしっかりと洗顔をすること、そして乾燥しないようにしっかりと化粧水をつけること、ビタミンCなどお肌に良い成分の配合されたクリームを使うことなどが大切です。くれぐれもニキビをつぶしたりしないようにしましょう。そんなことをすると指の雑菌が入ってしまい、思わぬ炎症を生むことになりかねません。また、規則正しい生活や、食事、運動などにも気を遣うことによって体全体の健康状態を良い状態に維持することも大切です。