「未分類」カテゴリーアーカイブ

乾燥肌にならないための対策

ニキビ予防のための乾燥肌対策をお考えの方は、ぜひ乾燥肌には2つの種類があるということを知っておくと便利でしょう。1つは、季節的な乾燥です。そしてもう一つは、慢性的な乾燥です。お手入れの仕方が変わっていないのにお肌が乾燥しがちの方は、どちらかの原因を探って適切に対処していきましょう。

もし、季節が原因での乾燥の場合、冬の寒さで体が冷えてしまい血行が悪くなることや、気候の変化でそれまでの生活リズムが変化し、皮脂が減ってしまうことが原因と考えられます。また、顔の場合は常に衣服で覆われているわけではないので、外界の変化にも敏感に反応して、状態を悪くしてしまう可能性も高いため特にデリケートといえるでしょう。こうした季節的な原因の場合でもそれを放置しておくと慢性的な疾患にもなりかねません。また、慢性的な乾燥肌の場合には、適切にお肌のケアができていないことや生活習慣の乱れ、ストレスなどさまざまな原因が考えられます。

いずれにしても、ニキビ肌を防ぐスキンケアをする必要があります。洗顔をしっかりと行いお肌の状態を清潔に保つこと。洗顔後に、肌への水分浸透力を高めるスキンケア化粧品や、保湿が期待できる化粧水、クリーム、乳液などをしっかりと使いましょう。ビタミンCや、ヒアルロン酸等、水分を保つ働きが期待できる成分の含まれたものがおすすめです。

 

 

ニキビ予防には保湿が重要

思春期のニキビは時期的な体の仕組みによって生じるものですので、成長するにつれてなくなっていくものですが、大人になってからのニキビは適切なケアをしてあげる必要が特にあるといえるでしょう。多くの場合、ニキビの原因となるのは、皮脂が増えることによる油っぽいお肌の状態と思われがちですが、大人になってからのニキビの原因には乾燥肌が関係していることがあるのです。そこで、大切なケアの一つとなってくるのが肌の保湿です。

なぜ乾燥によってニキビが発生するのかというと、肌表面の保護をするために皮脂の分泌量が増えることによって毛穴詰まりを起こしてしまうからです。ですから、乾燥肌であればあるほど、皮脂の分泌量が増えてニキビのできやすいお肌の状態へと陥ってしまうのです。そのため、基本的なケアとしてしっかりと洗顔をすること、そして乾燥しないようにしっかりと化粧水をつけること、ビタミンCなどお肌に良い成分の配合されたクリームを使うことなどが大切です。くれぐれもニキビをつぶしたりしないようにしましょう。そんなことをすると指の雑菌が入ってしまい、思わぬ炎症を生むことになりかねません。また、規則正しい生活や、食事、運動などにも気を遣うことによって体全体の健康状態を良い状態に維持することも大切です。

ニキビとは

ニキビは10代の悩みとして有名です。思春期になると男性ホルモンの分泌が活発になり、そのために皮脂の分泌が盛んになります。各層も厚くなり毛包が詰まりやすくもなります。ですから、思春期である10代の頃にニキビに悩まされた方は少なくないのではないでしょうか。多くの場合、思春期を過ぎると、そのような症状がなくなっていくので、成人するにつれて良くなってくるものですが、まれに大人になっても皮膚の状態が改善されずにニキビを引きづってしまうこともあります。

そこで、できる限りニキビの予防やしっかりとしたケアを行うことが大切です。ニキビの症状も軽いものから重いものまでさまざまで、当然のことながら重くなってしまうと見た目にも美しい肌とは言えなくなってしまいますし、完治もなかなか実現しません。最初の症状は微妙に肌の色がほかの個所と変わってくることです。毛穴の中に皮脂が詰まっている状態で、目に見える湿疹はありませんが、ニキビがまさにできようとしている状態といえます。その後、皮脂が詰まって塊となる白ニキビといわれる症状となり、もっとひどくなると皮脂がのぞいて黒く見えるために黒ニキビといわれる状態になるのです。さらに悪化すると、炎症が生じ、痛みを感じるようになりその状態を放っておくとウミが貯まり始めます。さらに進行すると肌全体が赤くただれたような状態になり、内服薬を含む大掛かりな治療や、根本的な原因を明らかにしないと対処できないこともあります。そうした事態を避けるためにまず大切なのが肌の保湿です。大切な理由とその方法を解説します。